新聞広告の形態には、考えや思想を表明するための「意見広告」、募集を行うための「案内広告」、商品やサービスを認知させるための「営業広告」などがあります。広告自体の形式としては「記事下広告」「記事中広告」「題字下(横)広告」があります。

新聞見本.jpg

■記事下広告

新聞広告の中でもっとも利用されています。記事の下に掲載される広告で、一目で広告だと分かることが特徴です。記事下広告は、広告が占める段数と横幅によって様々に展開が可能です。掲載する内容とご予算に合わせて掲載サイズをご検討いただけます。

■おくやみ広告

葬儀日程などを告知する一般的な死亡広告のほか、葬儀終了後の広告、偲ぶ会などの会合告知、会葬お礼があります。

その他、臨時広告や案内広告・求人広告など、商品やサービスに最適の掲載方法や予算を考慮しながらご提案いたしますので、お気軽にお問合せください。